■ピラティスの注意点


ピラティスを行ってみると、呼吸が難しくてできない、という人も結構多いようです。身体を動かすことと独特の呼吸を同時に行うのは難しいようですが、慣れるまでは、とにかく呼吸を止めないことを最優先に行うことです。また、ピラティスの効果が現れない、という人もいますが、効果の出方は個人差があり、時間がかかる場合もあります。3ヶ月行って何の変化もない場合は、やり方が間違ってないか確認しましょう。

ピラティスは誰にでもできるものですが、どうしてもピラティスが苦痛になるときは、エクササイズが自分に合っていないかもしれません。メニューの質や量に無理がないか、見直してみましょう。腰やひざなどを痛めていたり、エクササイズ中に痛みをかんじたりしたら、無理をしないようにしましょう。初めは筋肉が弱っていたりすることもあるので、痛めてしまいます。自分のペースを守ることが大切です。

また、無資格インストラクターに注意することです。ピラティスの人気が高まり、ピラティスのできるスタジオ等も増えています。これに伴い、無資格のインストラクターがレッスンを担当し、逆に負傷するようなケースも出てきているようです。きちんとした指導の下でエクササイズを行わなかった場合、逆に体を痛めてしまう可能性も十分にあり、非常に危険、と警告するピラティスの専門家もいます。レッスンを受ける際には、まずピラティスインストラクターの資格確認を行うようにしましょう。

ピラティスは誰にでもできるものの、やはり気をつけるべき点、注意すべきこともいくつかあるものです。これを頭に入れて、無理の無い範囲で、とにかく長く続けることが大事で、これがより高い効果につながるものなのです。

→スタイル矯正完全マニュアル!あなたのプロポーションは思いのまま!!
一人で誰にも言うことなく美しいスタイルになります!!




■本サイト人気コンテンツ


★ ピラティスのダイエット効果
ピラティスはダイエットにも効果があります。ピラティスの場合、世間一般で言うダイエット=痩せる・細くなる・体重が減るといったことではなく、筋肉を鍛えることで身体がシェイプアップし引き締め効果が期待できます。また筋肉がつくことで・・・ 続きを読む

★ ピラティス教室の選び方
ピラティス教室の選び方のポイントとしては、まず予約の取りやすさ、グループレッスンの人数などを確認しておくことです。自分の都合にあった時間帯に予約が取れないとせっかくのやる気も消えてしまします。友達同士で始めたい場合には・・・ 続きを読む

★ DVDや本など独学で始めるには
ピラティスはスタジオに通う以外にも、本やDVDで独学で行うことも出来ます。最近は自分で行う方法を解説したDVDもいろいろあります。実際、本やDVDでチャレンジして、しっかり効果を確認している人も多く独学も人気が高まっており・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 呼吸法を身につけよう
★ 医学的にみた効用
★ マタニティ・ピラティス
★ 道具を使った実践方法
★ 骨盤と姿勢を矯正
★ リラクゼーション効果