■ピラティスを始めるに当たって知っておいた方が良いこと


ピラティスは元々、イギリスで、負傷兵のリハビリとして開発されたものです。つまり、負傷していてもベッドの上で行えるもので、体の弱い人でも可能なエクササイズです。日頃運動していない人が、いきなりハードな運動やエクササイズをするのは危険ですが、元来リハビリ目的で開発されたピラティスなら安心して行えます。それぞれの体の状態に合わせて強度や難易度を変えられます。

腰痛や肩こりのある人でも、自分の出来る範囲で、無理をせず、自分のペースで進めていくことができます。このため、年齢性別を問わず、誰でも行うことができます。ただ、ピラティスは見よう見真似で行うより、しっかり理論を意識して行ったほうが効果が期待できるので、小さな子供より、ある程度の年齢から行うのが良いようです。特に何歳ということはないですが中学生くらいからが良いでしょう。

また、ピラティスはリハビリとして開発されたものなので、大きな筋肉(アウターマッスル)に負荷をかけるものではなく、身体の奥の小さい筋肉(インナーマッスル)を鍛えるものです。負荷を軽くすることで、身体のラインを細く保つ効果があります。つまり、負荷は軽いものなのです。また、ピラティスは有酸素運動ではありません。代謝が上がることで脂肪燃焼効果は期待できますが、直接的なものではない、ということも頭に入れておいた方が良いでしょう。

ピラティスは、何十キロという大幅減量を望むひとには、直接的に希望にかなうものではないかもしれません。どちらかと言えば、もう少し細くしたい。もう少し引き締めたい。ラインをキレイにしたい、という、より引き締めを望む人の希望に答えるものと言えます。このため、数十キロのダイエットを目指すなら、ピラティス以外のダイエット法と併用する等、ピラティスだけに頼らないダイエットの工夫もしてみることです。

→スタイル矯正完全マニュアル!あなたのプロポーションは思いのまま!!
一人で誰にも言うことなく美しいスタイルになります!!




■本サイト人気コンテンツ


★ ピラティスのダイエット効果
ピラティスはダイエットにも効果があります。ピラティスの場合、世間一般で言うダイエット=痩せる・細くなる・体重が減るといったことではなく、筋肉を鍛えることで身体がシェイプアップし引き締め効果が期待できます。また筋肉がつくことで・・・ 続きを読む

★ ピラティス教室の選び方
ピラティス教室の選び方のポイントとしては、まず予約の取りやすさ、グループレッスンの人数などを確認しておくことです。自分の都合にあった時間帯に予約が取れないとせっかくのやる気も消えてしまします。友達同士で始めたい場合には・・・ 続きを読む

★ DVDや本など独学で始めるには
ピラティスはスタジオに通う以外にも、本やDVDで独学で行うことも出来ます。最近は自分で行う方法を解説したDVDもいろいろあります。実際、本やDVDでチャレンジして、しっかり効果を確認している人も多く独学も人気が高まっており・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 呼吸法を身につけよう
★ 医学的にみた効用
★ マタニティ・ピラティス
★ 道具を使った実践方法
★ 骨盤と姿勢を矯正
★ リラクゼーション効果