■道具を使ったピラティス


ピラティスは、道具無しで行えますが、簡単な道具を使うこともあります。本格的なものになると大がかりなマシンを使うエクササイズもありますが、初心者の場合、基本的に簡単なものを使ったエクササイズを行います。そんなにお金がかかるようなものは使いません。

ピラティスで必ず必要なものといえば床に敷く「マット」です。柔らかい絨毯の上でもマットはあったほうがよいみたいです。マット選びのポイントは、厚さと滑りにくさ(グリップ性)とクッション性が大事で、まずは厚さ6ミリくらいのものを試してみましょう。グリップ性はマットを敷く床面との相性もありますから注意が必要です。また、初心者はクッションせいの高いものを選ぶことです。

その他によく使うものとしては、ボールがあります。体幹部のインナーマッスルを鍛えるのに役立つ基本アイテムなので、一つくらいは持っておくと良いかもしれません。「バランスボール」と呼ばれる大きなボールを使うこともありますが、新体操で使われているような小さな「ミニボール」を使うこともあります。直径26センチくらいのボールで特にピラティス専用というものはなく、やわらかいゴムボールを使います。サイド・トゥ・サイドのエクササイズをするときに、膝の部分にはさんで使用したりします。

また、チューブもよく使います。動きに適度な負荷を与えるときにゴムチューブを引っ張って使ったりします。あまり強い負荷はいらないので柔らかめのものがよいでしょう。「ピラティスチューブ」と呼ばれるピラティス専用のゴムチューブが売られています。チューブの長さで負荷が変わるため、エクササイズの最初は、軽い負荷から始まります。一般のエクササイズは、最初から大きな負荷がかかるため筋肉を傷める危険性がありますが、チューブの場合は徐々に大きな負荷になるため、調整が効きやすく、怪我をしにくいという特徴があります。

→スタイル矯正完全マニュアル!あなたのプロポーションは思いのまま!!
一人で誰にも言うことなく美しいスタイルになります!!




■本サイト人気コンテンツ


★ ピラティスのダイエット効果
ピラティスはダイエットにも効果があります。ピラティスの場合、世間一般で言うダイエット=痩せる・細くなる・体重が減るといったことではなく、筋肉を鍛えることで身体がシェイプアップし引き締め効果が期待できます。また筋肉がつくことで・・・ 続きを読む

★ ピラティス教室の選び方
ピラティス教室の選び方のポイントとしては、まず予約の取りやすさ、グループレッスンの人数などを確認しておくことです。自分の都合にあった時間帯に予約が取れないとせっかくのやる気も消えてしまします。友達同士で始めたい場合には・・・ 続きを読む

★ DVDや本など独学で始めるには
ピラティスはスタジオに通う以外にも、本やDVDで独学で行うことも出来ます。最近は自分で行う方法を解説したDVDもいろいろあります。実際、本やDVDでチャレンジして、しっかり効果を確認している人も多く独学も人気が高まっており・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 呼吸法を身につけよう
★ 医学的にみた効用
★ マタニティ・ピラティス
★ 道具を使った実践方法
★ 骨盤と姿勢を矯正
★ リラクゼーション効果