■マタニティ・ピラティスについて


最近、マドンナなどセレブの間で流行し、話題のピラティスは、からだの内側を意識して、バランスよく筋肉を整えていくというエクササイズです。それを妊婦向けにアレンジしたの、マタニティピラティスというものもあります。いくつかのピラティス教室では、妊婦さんを対象にしたマタニティピラティスを行っているところもあります。ピラティスでは、よく“スクープ”という言葉が使われます。これは“えぐる”という意味で、おへそを背中にくっつけるようにお腹をえぐることですです。

これにより、今まで意識していなかった内側のさまざまな筋肉が刺激されます。しかし、妊娠中に、このスクープを行うは難しいため、頭のてっぺんを天井に近づけるように背を高くし、座っているお尻が床に引っ張られるように姿勢を意識することで、骨盤周りの筋肉をしっかり使っていく事ができるそうです。

妊娠中の悩みとして、腰痛や背中の痛みがありますが、これは、お腹が大きくなると腰が反ってしまい、腰や背中に余計な負担がかかるためです。ピラティスで内側の筋肉を鍛えて正しい姿勢を保つと、その負担が軽くなるそうです。また、肩に力が入っていかり肩になっている人が多く、それを直すだけで、肩凝りも軽くなるそうで、妊娠中の様々な悩みが解消されることになります。

エアロビクスやヨガなどと比べても、ピラティスは妊娠中にぴったりのエクササイズだと言う人もいます。激しい動きをしないで、お産に必要な筋肉を鍛えたり、柔軟にしたりできるし、姿勢を正して集中力をつけることができるからとしています。常に呼吸をコントロールして、体のの中に意識を向けることで、いま自分がどんな状態にあるのかを冷静に把握できれば、お産の場面でもパニックにならず、落ち着いて対処できるそうです。さらに、骨盤の周りの筋肉を鍛えて安定させるので、産後の回復も早いということです。

→スタイル矯正完全マニュアル!あなたのプロポーションは思いのまま!!
一人で誰にも言うことなく美しいスタイルになります!!




■本サイト人気コンテンツ


★ ピラティスのダイエット効果
ピラティスはダイエットにも効果があります。ピラティスの場合、世間一般で言うダイエット=痩せる・細くなる・体重が減るといったことではなく、筋肉を鍛えることで身体がシェイプアップし引き締め効果が期待できます。また筋肉がつくことで・・・ 続きを読む

★ ピラティス教室の選び方
ピラティス教室の選び方のポイントとしては、まず予約の取りやすさ、グループレッスンの人数などを確認しておくことです。自分の都合にあった時間帯に予約が取れないとせっかくのやる気も消えてしまします。友達同士で始めたい場合には・・・ 続きを読む

★ DVDや本など独学で始めるには
ピラティスはスタジオに通う以外にも、本やDVDで独学で行うことも出来ます。最近は自分で行う方法を解説したDVDもいろいろあります。実際、本やDVDでチャレンジして、しっかり効果を確認している人も多く独学も人気が高まっており・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 呼吸法を身につけよう
★ 医学的にみた効用
★ マタニティ・ピラティス
★ 道具を使った実践方法
★ 骨盤と姿勢を矯正
★ リラクゼーション効果